インフォメーション

猛禽のクチバシと爪切り・脚回り取付や交換・当店開発のOWLパーチについて


................................................................................

❇️    猛禽類を飼育されている方で、他店で購入された子でも大丈夫です。

飼育で困っている場合は放置されずに、先ず当店にご予約ください。💐


👉 アンクレットが硬く劣化して切れかけたり、動きずらそうにしている。

👉 まだアンクレットなど何も着いていないので取り付けたい。

👉 足回りについているものを、新しく交換したい。

👉 爪やクチバシが長く伸びすぎて変形したり、爪が白く太くなっている。

👉 クチバシが伸びすぎて変形し、餌を食べにくそうにしている。

👉 クチバシがうまく閉じれなくなっている。など

   ☘️ お気軽にご相談ください。

...............................................................................


❇️   クチバシ・爪切りの頻度はどのくらい?

個体や人それぞれで、小型は早くて2カ月に1回、他は3カ月に1回~遅くても半年に1回など、伸びる早さ、爪の尖り、変形等の歪み、季節に応じたり、頻度は様々ですが、伸びすぎない程度にされるのがベストです。


.............................................................................

 ❇️   猛禽飼育の意外な注意点・知っている事が大切に ☘️

①当店では、脚回りメンテ時に『足首回りの皮膚や、足裏の状態確認』と同時に『胸部に触れて太り具合』を確認しています。注意なのは、あらゆる箇所に留まる事が多く、放鳥されている中大型猛禽に起きやすい傾向で『誤飲や羽や足裏の怪我や骨折』や何かの隙間に細い爪が挟まって爪が抜けて出血する怪我も多発しています。

②爪やクチバシが長く伸び過ぎていると変形しやすく餌が食べづらそうにも。特に中型以上の猛禽類は、足をギュッと握りこむ癖(手をグーにした時)がある場合や片足立ちも含め、握りこんだ時の長く尖った爪が、足裏に突き刺さって刺激している事があります。その足裏に何も無ければ大丈夫ですが、足裏にタコや炎症、赤く腫れていたり魚の目や膿ができて悪化するため、一度この状態になると再発もしやすく完治が難しいとされています。

③同様に体重過多により脚と足裏に負担がかかり『バンブルフット(腫瘤症)』を悪化させたり脚を痛めたり、脚の関節脱臼で手術が必要になる恐れがあるので、日頃から爪の伸びすぎ注意と、足裏の確認や、危険な場所がないか飼育環境を見直したり、食事量の加減などで予防する事が出来ます。

④室内で放鳥をされる場合は、愛鳥のフンや羽の脂粉・衛生面、誤飲や羽の骨折、怪我をしないよう飼育環境を整える事に困難を伴う声が多いですが、放鳥される時には危険性に対して、あらかじめ注意点を認識しておく事が予防に繋がります🕊









...............................................................................


❇️   猛禽類の『トリミング』は『事前ご予約制』です。

✔️クチバシと爪のカット、アンクレット等の取付・交換はご予約優先で承っております。

✔️事前に電話もしくはメールで連絡をいただきご予約が必要です。

✔️『13時~15時30分頃』の時間帯から選んでいただけます。土日は混む事がありますが平日は空いています。





💐 長年かなり多くの猛禽類を受け持ち、色んな状態を見て経験を積んできた担当者が行います。ご要望のお客様は、ご来店前に電話もしくはメールでご予約ください。もちろん初めてのご来店や、飼育の悩み相談でも安心してお越しください。※ご予約がなく急遽ご来店では担当者の不在で受けられません。


...............................................................................

❇️   クチバシと爪切りのカット料金について  💐


①先に状態を見させていただきますが、クリーニングケアや深刻な状態の場合は時間がかかるため、その度合い・作業内容と時間によっては少々料金は前後します。所要時間は5分~15分を基準に、延長は様子を伺いながら大切な愛鳥に無理のない範囲で行います。


②本来、猛禽が喜ぶ行いではありませんし、見せ物でもありませんが、その様子を一部始終そばで飼い主さんが見守ることが出来るので安心感があります。経験豊富な『切る側』と『保定(持つ)側』の担当者で別々に責任をもって行います。


③嫌がり噛んだりもしますが、暴れたりする場合には強く抑えつけるのではなく、暴れさせないような持ち方と体勢を意識して行うことで猛禽が、より安定します。


④生体が高齢であったり、怪我や呼吸器系の異常や疾患があったり、運動不足で太りすぎには関節注意にもなり、コンディションに不安がある愛鳥には無理禁物にもなります。※当店は、こだわりの布を用いて行う事が多いですが使い方には意味と注意を理解した上で使用していますので、見よう見まねで真似はオススメしません。☘️当店で使用する道具は【ニッパー、爪ヤスリ】で行います。


✔️  手短な先端カット クチバシと爪の両方で小型500円~

✔️  中型・大型 クチバシと爪の両方で1,000円~3,000円

✔️  深刻レベル強 中型・大型 クチバシと爪の両方で2,000円~3,500円


🍀 アンクレット、ジェス、リーシュの取付や交換費用は商品代のみです。

.............................................................................


❇️   暑い夏の「注意点」と「丈夫で健康」な過ごし方

真夏7月~9月頃は暑い季節ですね。35度を超えるような日は湿度も高いです。特に大型猛禽類は爪切り等の保定をする際にも、ハァハァと大きく呼吸が荒くなって愛鳥に苦しく大きく負担になってしまうため、暑い時期はなるべくお控えください。※長く伸びすぎている場合や、やむを得ない場合は、無理のない程度の先端カットで手短に終えさせていただきます。

...............................................................................


🦉①猛禽類は本来、春夏秋冬を野生(森・山などの自然界)で生きています。夏の直射日光には弱いので日陰で休息していますが、夏場の小型は特に死に至るほど「高気温+直射日光」は危険なため、外に出す時には熱中症に注意が必要です。そのため、夏場は涼しい時間帯を考えて(朝方・夕方頃)日陰のある外に出して水シャワーや、日光浴をしてあげると熱中症対策が出来ます。

室内では常にエアコン起動で温度調整していると、互いに過ごしやすく快適なのは百も承知ですが、ただ...自律神経が低下しますので、当店の飼育環境は健康意識が高くあります。直射日光を避けて、水浴びや扇風機で涼をとり、喚起と空気を循環させながら、なるべく自然な環境に近く『自己免疫力を高める』という意味も込めて暑さに強く丈夫なコンディションになるようお世話と管理をしています。当店の猛禽類たちは真夏でも、この飼育方法ですごく元気に満ち溢れているのが見て分かります。※ただ、地域や飼育環境によってはクーラーが必要な場合もありますし、飼い主さんや人間の方が暑くて汗だくになってしまうので、決して無理はせず飼い主さんの健康面も大切にクーラー起動でお過ごしください。その場合は空気清浄機を使用される事をお勧めします❇️

冬場は雛の赤ちゃんは保温をしますが、成長の場合は室内が氷点下近くまで下がらなければ、当店と同様に健康的で保温なしの自然な環境で冬を乗り越す事が出来ます。*健康面に対しても、夏場のエアコン起動と同じ論理です* 氷点下のお住まいは除きますが寒い冬でも、水浴びや水洗浄は天気が良く暖かい時間を選んで軽めに行うと良いでしょう。寒い冬は体温を下げますので、頻度や時間を短くして無理なく行う事が、冬のやり方のコツです。そして寒くても羽にはぬるま湯は悪影響となり、どんな寒い時期でも羽には水が好影響です。



...............................................................................

 ❇️    当店開発の繋留台「OWLパーチ」について 

フクロウを家庭で飼育する上で、試行錯誤を重ねながら2013年に最も適した猛禽類繋留台「OWLパーチ」を当店オーナーが開発しました!

飼育には必ずと言っていいほど必要なパーチであり、掃除もしやすく猛禽が安全に安定して留まる事が出来ます。

SSサイズ、Sサイズ、SMサイズ、Mサイズ、Lサイズ、XLサイズがありますので、尾羽が地面に当たらない高さであり、愛鳥が飛んで暴れた時に宙に浮いて引きずらないか、重量性を考えて選ぶ事がポイントです。※事故予防の注意点として、パーチを置く場所は重要です。「ぶら下がり事故」や「リーシュの結ぶ長さ」など、その場所は安全であるか検証する必要がありますので、その点はお気をつけください。

※軽量を使用していると、軽くでも宙に浮いたり引きずっている場合は、猛禽が怪我をする恐れがあります。床(パーチ下)にフックを固定出来るなら、そこにリーシュを繋ぐ事が出来るので重さが無くても引きずり対策が出来ます。※但し重すぎてしまうと、飼い主さんが持ち運び困難でもありますので、そこはよくお考えください。

Mサイズ、Lサイズ、XLサイズは、重さが10㎏以上ありますので持ち運びには人間の足元落下や、腰や腕を痛めないようにお気をつけください。サイズ選択で、大きすぎた。小さすぎた。と失敗がないように、どのサイズが良いか当店にお気軽にご相談ください。

鉄製商品は長年使用していると、錆や塗装が剥げてしまいます。リペアで綺麗にするサービスをしていますが、ステンレス製を購入されるのも高級感がありお勧めです。錆の心配はなく綺麗なまま永久的にお使いいただけます。お掃除の際はソフトブラシ、ソフトスポンジ等のやわらかい素材で、糞や餌の汚れを何日も溜めないように洗浄ください。掃除を怠ってしまうと、鉄製は錆の進行も早まります。

...............................................................................

【営業日・定休日 カレンダー】
  • 今日
  • 店休日

**~~ ご来店前のご案内 ~~**

※ご来店前に必ず、こちらのカレンダーと、当サイトのトップ画面をご確認ください。

※店主が常時勤務により急遽、私用や体調不良でお店を休みにする事がありますので、それを避ける場合は、恐縮ではございますがご来店前に、電話もしくはメールにご連絡下さい。※駐車場は店前に2台まで停車できますが、混雑時はお尋ねください。

※尚、猛禽の嘴や爪切り、アンクレット等の取付、交換などは、必ず事前にご予約が必要です。急遽では、スタッフ不在や予約優先により承る事が出来ませんのでご了承下さい。

★通販は年中無休で出荷もしております★
★通常営業時間:12時~19時、金曜日と日曜日は13時~18時

ソーシャルメディア

  • facebook
  • twitter
  • instagram

ページトップへ